" /> " />

現状確認もいいけど、日本のこれからを…… 与党議員がしゃべり始めた「魚屋のおっチャンネル」

現状の確認もいいけど、日本のこれからを…… 最近の動画メディアの流れで興味深い流れがある。政治政策の現場にいる議員がしゃべり始めたこと。 おすすめのYouTubeチャンネルは、「魚屋のおっチャンネル」。新しい流れがきたのと、日本が根本的な明るい方向に向かうワクワクする話を久しぶりに聞いたなとも感じました。

東京見聞録・人物|田舎にはいる人いない人

東京にいて、田舎にいない人。たぶん、シュッとしたおしゃれをする男性。ただ、

日々雑記|確定申告とバランスシート

なんだかだで、結局ギリギリで終了。 昨年は、4月15日までの延長に甘えずすっきりできたのに、今回は……。

東京見聞録・人物雑記|緊急事態宣言明け前夜

3月20日、コロナ禍で緊急緊急事態宣言解除前。所用で新宿駅によってみました。20時過ぎの新宿駅西口。「一杯やって帰るか」という場所もないので、その辺で買ってきたチューハイかビールかで、その辺の道端で、一杯やってる人がちらほら。人ってのは、語りたいもんなんだ。

東京見聞録・人物雑記|荷物で埋まったね……。

総武線だったかな。おっきい荷物を抱えて行儀良く座ってる女の子がいて、身体より荷物が大きく見えるので、大変だなと、思っていた。学校の荷物と、習い事の荷物かしら、とか考えながら。。。ただ、次の瞬間、荷物に女の子が埋まっていた。。。……彼女的には、多分。これが一番楽できる。。

大人の勉強方法

 大人になると、物覚えは悪くなるし、すぐに忘れるし……本当に勉強とかできんの?  答えは、半年終わって見れば、「なんかできてる」感じですね。あと、全体的に、脳が、よりポジティブに変化していくと思います。  ただ、大人の学習方法には、やり方があるかと。  2020年に利用した学習方法などのまとめをざっと書いていきます。 ただ、不肖私もすでに40代ということで、「記憶力が良いです」とはお世辞にも言えないお年頃に差し掛かってきています。  2019年末にちょっと新しい仕事に入るとき、短期記憶が相当やばいという自覚症状があったので、簡単な脳トレを少ししていました。それで、脳が意識すれば変わっていくな、という実感を得ました。同時に、脳は鍛えればどうにかなるのか、というのも頭の隅にありました。

年末年始もろもろ

 よくよく、田舎は変な事があると、村八分にその事柄があった家が、村八分になるやら、ならないやら問題になります。  むろん、今の時代は、公的なところと私的なところを分けるべきだという考えはありますが、正直なところ、それは日本の昔からの考えであるか、というとそうでないとも個人的には感じております。  ふつうに考えて、個人情報が云々というより、個人情報がないと基本的に人の命や人生は救えません。当然、現在では、バランスは必要でそれが難しいというのは承知なのですが……。

書いて人生デザインするBullet Journal

 昨年、頭から開始した仕事が二つ程度、いずれも情報量が私には多く、頭の中で混乱して、簡単な作業でも停止する事態に陥っていたのです。何か良い方法がないだろうかと思って探したところ、バレットジャーナルが良いのではと始めました。 バレットジャーナルは、デジタルプロダクトデザイナーのライダー・キャロル氏が考案したノート術。日々のToDoから月、年単位、3年後、5年後のことまで一冊で考えることができます。2013年に動画を公開されたところから、注目され始めたようです。

わらべ唄521回・機銃掃射のこと

521回目 周防大島町油宇・伊保田で聞いた・5「一列談判 破裂して」の図案考察:わらべ唄521回の記事には、「一列談判~」のメロディが、山口県内では二種類歌われていることと、第二次世界大戦中、アメリカの戦闘機の機銃掃射の攻撃で受けた内容があり「アメリカ兵の顔が大きく見えた」とも伝えられていました。

人の境目、地の境目。

最近、田舎でも家が百姓か、漁師かで発想に随分違いがある。農家の発想の単位は1年、土地の開発となると、10年、20年は当たり前。とにかくコツコツ、物事を積み重ね、森を作り自然と対話する。漁師は、一発勝負。ザーッといってバーッ獲る。漁場の知識と天運をも味方にもつける瞬時の判断力と実行力が必要だが全体的にざっくりし